乗り遅れてしまったとすると

遅れられないのは

搭乗口を確認していなかったせいで、空港の中で迷ってしまったので、時間通りに飛行機に乗ることができなかった。

なんていう時に、一人のお客さんのために離陸を待つということは絶対に有り得ないことだと言えるでしょう。これはどのような場合でも同じです。

そもそもなぜLCCが安いのかというとあらゆるところでコストカットをしているからなのですが、その経費削減には空港利用料も含まれています。

長時間飛行機を空港に待機させてしまっているのならば、当然のように施設利用料が発生して会社側にとっても大きな出費になることでしょう。

なので、出発時間を厳守して、駐機時間を減らすことによって、施設利用料を抑えているので、遅刻は絶対に許されないことになるのです。

払い戻しもできない

乗り遅れたから、航空券を払い戻して別の便を予約するしかないか・・・。なんていうことを考えるかもしれませんが、LCCではそれもできません。

当日キャンセルでの払い戻しには対応しておりませんので、乗り過ごしたチケット代金と新しいチケット代金を支払わなくてはならないでしょう。

そのようなことになってしまうと、安いからという理由でLCCを選択していたのに、むしろ大手航空会社よりも格段に高くなってしまったということになりますよね。

お金を大事にしたいと思うのならば、同じように時間というものも大事に思うことにしてみた方が、色々と経済的になるかもしれません。

遅れそうなら早めの行動を

空港まで自分の車で行こうと思っているのならば、渋滞情報等は早めに知っておいた方が良いのではないかと思います。

いざ出発してから渋滞にハマってしまったということになってしまったら、その時点で間に合わないことは明白ですので、空港に行ってからも慌ただしい思いをすることになるでしょう。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫