新しい機材だから安心

使い回しではない

大手航空会社だと今までの実績があるから安心だと思われるかもしれませんが、その分使用している飛行機も古くなっているかもしれません。

飛行機は小型だとしても購入するために必要な値段というのが恐ろしく高いものになってしまいますので、簡単に購入するわけにもいかないでしょう。

なので、本体を買い換えるのではなくて、パーツを整備していくことになるのですが、古い型だと部品も製造されていないなんていうことにもなります。

その点でいうとLCCというのは値段が安いからきっと飛行機も払い下げの安い物を使っているんだろうな・・・。と思われるかもしれませんが、それは大間違いです。

新しい会社が運営しているLCCですので、使っている機材たちも当たり前のように新しいものになっていますので安心して搭乗することができます。

コスト管理の面では

どうしても古い機材ばかりを使ってしまっているとすぐに不具合が発生してしまうこともありますので、その分整備をたくさんしなくてはいけません。

整備をするのはやはり人間ということになりまして、そのような人たちに掛ける人件費というのもかなり高くなるのは想像できますよね。

古い機材を無理して使い続けるよりかは、思い切って新しい機材を購入する方がコスト管理のことを考えると良い気がするのですが、難しいのかもしれません。

買い換えというのは大きな買い物になりますので、そのようなところでは大手の航空会社は及び腰になってしまうのだと考えられます。

乗るなら安心な方がいい

滅多にあることではありませんが、今でも年に数回は飛行機事故のニュースが取り上げられていることもありますので、搭乗するなら安心なものを望むことでしょう。

あまり安心安全に固執しすぎるのも旅行の妨げにはなるのですが、LCCならば安全面でも信用できますので利用にも抵抗はないかと思われます。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫