遅延と欠航が多いときもある

大手ならこんなことは

飛行機の運航時間というのは、基本的には時間通りというのが常識になっていますし、大手航空会社ならば滅多に狂うこともありません。

たくさんにの飛行機を抱えている大きな会社ならば、飛行機トラブルがあったとしてもすぐに対応できるので、乗客たちも安心できることでしょう。

しかし、LCCだと遅延や欠航が大手の航空会社と比べると格段に多くなってしまうというデメリットも確かに存在しています。

絶対に13時には向こうに着いていなきゃいけないのに!という時に一時間程の遅れが出るということもよくあるので、その辺りのことは覚悟しておきましょう。

もしも、絶対に遅れることができない用事があるというのならば、LCCではなく大手の格安航空券を購入した方がいいかもしれませんね。

使い回しをしているので

LCCでは多くの会社が飛行機を何台も待機させているのではなく、同じ飛行機をやりくりして運行させていることにしているのだと言えます。

なので一台が遅延してしまうと、その影響を受けてそれ以後の飛行機もどんどん遅れていってしまうということが簡単に起こってしまうでしょう。

飛行中のトラブルだとすると、もうどうしようもないので、大人しく待っていることくらいしかできることはありません。

友達を迎えに空港までやってきた。なんていう人でも思ってもいなかったような長い時間を待つことになってしまうかもしれないですね。

予め予測しておくこと

強風警報が出ていたり、台風の接近がニュースで流れているのならば、ほぼ確実に飛行機の運航スケジュールにも乱れが出てくるかと思われます。

なので到着時間が遅れるということを念頭に置いて、それから到着後のスケジュールを組み直すということが重要になるでしょう。

≪ 前の記事: を読む