荷物の預け入れについては事前にチェックを

その荷物は大丈夫?

大手航空会社の格安航空券ならば、チケット料金の中に荷物を預け入れる時の代金が含まれていることが殆どです。

しかし、LCCを利用しているとすると荷物預け入れをする時には確実に別途で料金を支払うという必要性が生じてきてしまうことになるでしょう。

普段は大きな航空会社を利用しているというのならば、なかなかそこまで意識が回らないかもしれませんが、そこは切り替えて考えていくことにしてください。

飛行機に乗るという点では同じことだと思われるかもしれませんが、それ以外のことでは全く違ったシステムが運用されていることになります。

事前に確認もしてないまま預け入れをしようとすると、場合によっては預け入れ拒否なんていうことにもなってしまうかもしれません。

大きさは関係ない

大手の航空会社ならば20kg以内の荷物の預け入れは無料ということになっていますので、利用する際は重さに気を配るだけでいいでしょう。

あまりにも重くなりそうだと思ったのならば、色々な工夫をすることで軽くしていけば受託の際にお金を払う必要は一切ありません。

けれども、LCCだと例え20kg以内の荷物だとしても、機内に預けるためにはお金を払うことにもなりますし、事前に預け入れ登録も必要になるのです。

知らなかったからなんとかしてくれ!なんて言ったとしても取り合ってくれませんので、そのような事態は避けていってください。

常識だと思わない

荷物を無料で預かってくれるなんてのは当然のことでしょう?なんて思っていると搭乗するのにも時間が掛かってしまいます。

LCCを利用する際には手荷物だけで全て事が足りるような荷造りをしてから出発するのだということにした方が良さそうですね。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫